「山の中に赤鬼と青鬼が住んでいました。

赤鬼は人間たちと仲良くしたいと考えましたが

人間は疑って、近づこうとはしませんでした。

わけを知った青鬼は、自分が村で大暴れするので

赤鬼君がこらしめてくれと言い出しました。

計画は成功し、村人は安心して遊びに来るようになりました。

青鬼は、一人旅に出ました。」

自己犠牲なんて、今の子には「ばっかみたい」といわれるかも。

古今東西、人間なんてこんなものなんでしょうかねぇ。

と、人間の私が言うのも変ですが・・・。

2009022008220000.jpg